体内で貯蔵されない!?毎日摂取したい必須ミネラル「亜鉛」!

034私達が毎日健康で生活していくために、体内に摂取しなければいけない栄養素は多く存在します。その栄養素の中で、タンパク質やビタミンといった5大栄養素として、新陳代謝や免疫に深く関わりを持つものがミネラルです。

このミネラルが万一不足してしまうと、貧血や便秘に骨粗鬆症といった体調不良になる恐れがあります。また、不妊や肌荒れに生理不順といった症状が現れることもありますので、特に女性の皆さんは、積極的に摂取しなければならない栄養素です。

そんな私達の健康に必要なミネラルは、体内で作ることができないため、食事などで摂取することが必要条件となってくるわけです。

こうして、私達の体への必要性が高いミネラルですが、このミネラルの1つとして、日頃から一定量を摂取することを理想とされているのが「亜鉛」です。

厚生労働省によりますと、亜鉛の推奨量は成人男性で12mg/日、成人女性では9mg/日とされ、摂取量の上限は30mg/日と言われています。不足すると体に良くない亜鉛ですが、逆にこれ以上摂取してしまうと、免疫力が低下したり、頭痛や吐き気、めまいを起こすことがありますので、くれぐれも摂取量に注意して取り入れる必要があります。

体内で作ることができず、蓄積する方法もない「亜鉛」。そんな亜鉛を摂取できる食材としてトップに君臨するものは、魚介類の「牡蠣」で約13mgです。その他には、ビーフジャーキー・パルメザンチーズ・ココアといったものが、多くの亜鉛を含んでいます。

しかし、食品から取り入れる亜鉛の摂取量は、そう多くはないと言われているのです。
その理由としては、食材を調理することで栄養が逃げてしまうこと。また、多くの方が口にするインスタント食品やスナック菓子に加工食品というものは、亜鉛の吸収を妨げてしまう性質があります。こういったことにより、必要摂取量を取り入れることがとても困難になっていることも事実です。

そこで、きちんした含有量を把握することができて、全く手間がかからないことで便利なものが、薬局や通販で販売されている「亜鉛 サプリメント」です。1日にたった1~2粒服用するだけで、必要量を摂取できるサプリメントは、持ち運びができる上に薬を飲む感覚で利用できるので、多忙な生活を送る方にもオススメな方法です。

近年、年齢問わず男女問わず、大きな悩みを抱える方が増えている「薄毛」。タンパク質からできる髪の毛を、しっかりサポートしてくれるのも、この亜鉛の役目なのです。

ストレス社会に生きる私達の体を、多くのミネラルと栄養素でカバーしてくれる「亜鉛」。必須ミネラルと呼ばれる「亜鉛」を、日々決められた量をきちんと摂取し、いつまでも健康な体でいたいものですね!

亜鉛を摂ったことで起きたこと

亜鉛は、髪の毛などをつくっている栄養ですが、意外と食べ物に入ってることが少なく亜鉛不足な人は多いです。私自身もカキなどが嫌いなので,亜鉛とは無関係は人生を送ってきました。しかし、自分が若ハゲになりつつあることに気づいた日から、なんとか髪の毛を増やすことはできないかと思い、調べたところ、亜鉛が効果的と書いてあるところが多かったので、その日にネットで注文して摂取するようになりました。

ものは外国から取り寄せたので、容量は多く入っているものを購入しました。すこしカプセルが大きめなので、のどが狭い人などは日本のものを購入した方がいいと思います。ここで、私自身が実際に一年間飲み続けて感じた亜鉛の効果について書いていきたいと思います。

まず、ネットにはあるように髪の毛が増えたわけではないですが、一本一本が少し太くなりました。これは全体としては増えたように見えるので、私には本当にありがたい効果です。ただし、ある一定の期間を過ぎると、やはりそこまでの効果はなく、ハゲを亜鉛だけで治そうとするのは少し無理がありそうです。

二つ目に、昔から塩分が強めのものが好きだったのですが、すこし薄味に変わりました。これは亜鉛が持つ味覚を治す部分で治ったのかなと思います。塩分を取る量が少し減ったので、結果としてはむくみが前よりひどくなくなりました。しかしこれには個人差はあると思うので注意が必要です。

ここまでで、興味を持った方がいれば、次にサプリの飲み方です。亜鉛をカキなどの食べ物で摂取してもいいのですが、かなりの量を食べなければならないのでサプリで取ることをお勧めします。そこでさぷりの飲みかたなのですが、必ず食べ物を食べた後に飲むようにしてください。そうしないと、刺激が強すぎで気持ち悪くなったり、吐き気を催したりします。また一日にとっていい量が限られているので、効果が早くほしいとたくさん飲んではいけないので注意が必要です。

亜鉛で「男性力」を強化する

045男性にとって何より精神的にだめーを受けるものの一つは、精力が衰える、ということだと思います。単純にその内容としては、性生活に対して積極的な気分になれない、というものから、もっと深刻に勃起しない、しても行為中に萎えてしまう、といういわゆる「勃起不全(ED)」の症状まで様々です。ですので、そうならないためには男性はあらゆる努力を惜しみません。その方法の一つとして、古来から注目されているのが亜鉛です。

亜鉛は、
・減少しがちな精子の数を保つ
・精子の運動率が上がり、受精しやすくなる
・精力を増強し、性欲を維持する
・前立腺の障害を防ぐ

という効果があるといわれており、これは亜鉛が持つタンパク質の合成の機能や、細胞の新生の機能、前立腺の機能維持の効果があるためだといわれていますつまり亜鉛を摂取することによって、「男性力」がよみがえる、というわけです。

では、そういう亜鉛を摂取するにはどうしたらよいでしょうか。1番手っ取り早いのは、亜鉛のサプリメントを飲用することです。これは世の中にたくさん商品があるので、それを購入して飲めば、効果が期待できます。

このほか、食事をとる中で亜鉛を摂取する、という方法も有効です。具体的には、亜鉛は肉類、穀物類,野菜と幅広い食品に含まれています。中でも牡蠣や牛肉、鶏肉、豚肉などの肉類、卵など、そのほかにはのり、ワカメ、昆布、カニ、スルメなどの海産物、あるいはブロッコリーなどの野菜にたくさん含まれています。

特に有名なのは牡蠣です。ですので牡蠣を毎日食べればいいわけですが、そうもいかないので、上に書いた食品をうまく組み合わせて、なるべく亜鉛を摂取するようにしましょう。特に、亜鉛の含有量が多いのはのりです。毎朝の朝食でごはんにのり、というのはそれだけで亜鉛を多く摂取することができる、古来からの知恵です。

また、亜鉛はビタミンCと同時に食べると吸収率が良くなる性質があります。ですので牡蠣にレモンなどかけるのは、おいしくなるだけではなく、亜鉛の吸収率もアップさせるすぐれ技です。

ミネラル分としても様々な効果がある亜鉛

01身体の健康を作るためには様々な方法がありますが、やはり食事や栄養素というのは非常に大事なものであり、各成分をバランスよく摂取するのが望ましいですね。タンパク質やアミノ酸などの身体の土台になるものも他にも各種ビタミンミネラルもバランスよく摂取することで身体はしっかりと健康になるのですが、今回はそのミネラル分としての亜鉛について説明していきたと思います。

亜鉛と言うのは酵素の力を持っているミネラル分ですが、こちらは特に細胞分裂の作用に多く関係していることから必須とも言われているミネラルなんです。細胞分裂に関係しているためその効果としては、新陳代謝・抗酸化作用・タンパク質の合成・免疫力向上などの様々な効果があり、また体内に貯蔵することが出来ないためにコンスタントに摂取する必要があります。この亜鉛が不足することによる症状というものもありまして、中でも深刻なのは味覚障害でしょう。健康の道は食生活からとは言いますが、やはり人間はただ健康のために食事を摂るだけではなく、その美味しさなどを味わって楽しむことでも精神的な健康を得られることになります。しかしそういった楽しみが亜鉛不足によって味覚障害が起こってしまうと、それは本当に健康面でも精神的でも負担になりますので、亜鉛はしっかりと摂取すべきミネラル分なのです。

さて実際に亜鉛を摂取しようと思った時には、まず食品から選んでみるのが良いでしょう。亜鉛を含む食品として最も有名なのは牡蠣でしょう。確かに牡蠣は美味しいのですが季節ものなので、定期的な摂取という点ではちょっと劣るかもしれません。牡蠣以外にはレバー・うなぎ・たらこ・ホタテ・アーモンド・さんま・ささみ肉などがあり、これらを食事生活で定期的に摂取するのがいいでしょう。また食事以外にも最近ではサプリメントで摂取するという方法もおすすめできますし、亜鉛はマルチビタミンなどと一緒のサプリメントに入っていることも多いので、自分の食生活に合った方法で亜鉛はしっかりと摂りましょう。

⇒体内で貯蔵されない!?毎日摂取したい必須ミネラル「亜鉛」!

女性にこそ摂って欲しい亜鉛

037亜鉛といえば男性用の栄養素のイメージがありますが、実は女性にとっても必要不可欠な栄養素です。様々なライフステージにおいて女性をサポートしてくれる亜鉛ですが、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

まず亜鉛の効果として、体の細胞分裂を促進させる働きがあります。細胞分裂が活発になるということは、新陳代謝がアップするということです。お肌の新陳代謝が向上すれば、ターンオーバーが正常になりニキビなど肌の不調の改善につながります。

また、亜鉛はタンパク質の合成に必要な成分でもあります。亜鉛が不足すると、タンパク質であるコラーゲンの合成も滞り、若々しい肌が保てなくなります。亜鉛はお肌のアンチエイジングのためにも必要な栄養素といえます。

タンパク質といえば、髪も99%がケラチンというタンパク質でできています。つまり、美しい髪のためにも亜鉛が必要ということになります。亜鉛が不足すると、髪の新陳代謝やタンパク質の合成のために使われる分が後回しになり、パサついた髪になるだけでなく抜毛や白髪の原因になってしまうとも言われています。

お肌や髪の美しさを保つためには亜鉛はとても大事な成分であることが分かりましたが、女性にとって亜鉛が大事な理由はもう1つあります。それは女性ホルモンの分泌を活性化させる効果があることです。

亜鉛が不足すると女性ホルモンの分泌も減少してしまい、ホルモンバランスが崩れてしまいます。閉経の近い方には更年期障害の原因となりますし、若い方に多い月経不順の大きな原因でもあり、亜鉛不足が続いてしまうと無月経にもなりかねません。

また、質の良い卵子も作ることができなくなり、月経不順と合わせて不妊症の原因にもなってしまうのです。妊活サプリと呼ばれるものに亜鉛が入っているのはこのような理由からです。

このように、亜鉛は女性にとって大変大事な栄養素です。
美容と健康を意識するなら、まずは亜鉛を積極的に摂ることからですね。

⇒体内で貯蔵されない!?毎日摂取したい必須ミネラル「亜鉛」!

亜鉛ってこんなに体にいいんです

025最近、亜鉛を含んだサプリがよく売られているそうです。なにしろ、亜鉛には、さまざまな健康効果が秘められています。今日は亜鉛の効果について、一つ一つ見ていきましょう。

まず、亜鉛が最も多く使われているのが、精力剤。確かに、亜鉛には、精力を高めたり、男性の精子の数を増やしたりといった効果があることがわかっています。インポテンツなどにも効くといいます。実際に、この目的で、亜鉛のサプリを飲んでいる方も多いようです。効果のほども確実にあると聞きます。精力減退で悩む人は、亜鉛をせっせと摂取しましょう。

それから、亜鉛が味覚障害に効くことは、すでにご存じの方も多いでしょう。つい先日、内科の先生の講演を聞く機会があったのですが、やはり味がわからなくなった方に、亜鉛のサプリをすすめたところ、すっかり治ったという話をされていました。亜鉛を薬として出すということはないのかなあとも思いましたが、どちらにせよ治ればそれに越したことはありません。

それ以外では、免疫力向上にも一役買うようです。一役どころか、中心的な働きをするといってもいいでしょう。亜鉛が不足すると、風邪をひきやすくなるとも言いますが、アミノ酸などとともに、亜鉛を摂れば、飛躍的に免疫力がよくなり、病気を寄せ付けにくくなります。

まだまだあります。亜鉛は、酵素の働きを助けるといいます、酵素は、食べ物の吸収、消化、排せつにはなくてはならない成分で、代謝とも密接な関係があります。まさに、酵素がなくては始まらないのです。その酵素の働きを引き出すためには、亜鉛がなくてはなりません。亜鉛不足は、すべてにおいてよくありません。

そのほかでは、細胞分裂にも大きな働きを果たします。また、成長ホルモンの生成にも大きくかかわり、亜鉛がなければ、皮膚やつめ、骨などが成長しなくなってしまいます。怪我をしたら早く治すためにも、亜鉛は欠かせません。また、髪の毛の成長にもいいことから、頭の禿げた人や薄毛の人も、ぜひとも摂りたい成分です。髪の質とも関係しますから、やはり大切な成分と言えます。

アッと、もう一つありました。亜鉛は、インシュリンの生成にかかせない成分です。ですから、糖尿病の人も不足しないように注意しなければなりません。実をいうと、わたしも糖尿病なので、これから亜鉛を積極的の摂ろうと思っています。

以上、簡単に亜鉛の健康効果について書いてみましたが、これだけでも亜鉛の重要性はわかっていただけたと思います。皆さん方も、体内の亜鉛が足りなくなって、さまざまな健康障害が出ないように、日ごろから気を配るようにしてください。

⇒体内で貯蔵されない!?毎日摂取したい必須ミネラル「亜鉛」!

閃輝暗転の改善には亜鉛がオススメ

私は今サプリメントで亜鉛を継続的に服用しています。

以前は亜鉛というサプリメントがあること自体知らなかったのですが、1年ほど前に閃輝暗転という目のトラブルが起きてからは忘れずに飲むようにしています。

閃輝暗転とは偏頭痛の前兆として現れる症状で突然目がチカチカしてきて、そのうちギザギザの光のようなものがずっとチラついて物が見えにくくなります。

初めてその症状が出た時はちょうどお風呂上がりに何気なくテレビを見ていた時でした。なんだか右目がおかしいなと違和感を感じました。しばらく様子を見ていると右目の視界の上の方を中心にチカチカとギザギザした光が見えてきました。その光のせいでものが見えにくく身動きできず30分ほど目を閉じてソファーに横たわっていました。

それでも症状が改善されず、初体験の出来事で何をしていいのかわからず、とりあえず寝室に行って休もうと見えづらい視界の中、壁を伝いながらベッドに横になりました。

自分に今何が起きているのか、この症状は何なのか、何か病気の前ぶれ?と気になりだすとキリがないのですがネットで調べたくても視界が見えづらく、更に怖くて目を開ける勇気もなく眠たくなるのを待っていました。

すると突然体験しなことがないような激しい頭痛に襲われました。
あまりの痛さに身動きも取れないほどで、その痛みが3時間ほど続きました。その後3日間ほど頭が重い状態が続き、それから徐々に普段どおりの生活に戻ることができました。

怖さもありながら、この症状をネットで調べてみたらチカチカ、キザギザした光の正体は閃輝暗転という偏頭痛の前兆として現れる症状だということがわかりました。

確かに激しい頭痛に襲われたので、これを繰り返さないよう、偏頭痛予防には何をしたらいいんだろう…とネットで調べてみたら亜鉛を取ると閃輝暗転の症状改善に繋がるということで、それからは亜鉛のサプリメントを1日1カプセル忘れずに飲むという習慣ができました。
またあの恐怖な体験をしないよう、これからも亜鉛の摂取を続けていきたいと思います。

⇒体内で貯蔵されない!?毎日摂取したい必須ミネラル「亜鉛」!